広島市佐伯区五日市の日本料理「うさ季(うさぎ)」

Read Article

中岡農園

中岡農園は世界遺産に登録されている宮島にあります。宮島桟橋から車で約20分。そこには気の遠くなる様な数の石を積み上げ作られた美しい段々畑が広がります。南向きの斜面には太陽の光が惜しみなく降り注がれ、瀬戸内海の景観と潮風がとても心地よく弥山から流れる湧き水は枯れることなく恵みを与えてくれます。その地で「宮島の自然が育てる野菜」をコンセプトに夫婦で無農薬野菜を作られています。tumblr_mp247mehRS1sx6pv2o1_1280野菜の主の多くは「固定種」です。固定種は何世代にも渡って人が作り続け種を採り続けながら品種改良してきた野菜の種です。現在流通している野菜の多くは異なる性質の種を掛け合わせた「F1種」と呼ばれる種から作られています。F1種の種は野菜の味や形が均一に揃い、成長が早く収穫量が多いなどの特徴があります。F1種に比べ固定種は形が揃わない事が多く、成長はゆっくりで収穫量も多くありませんが風味が豊かで個性的な味がします。それからF1種は基本的に一代限りで同じ野菜を作るためには、毎年新しい種で育てなければいけないのに対し、固定種は代々育て続けられた種なので、自家採取をして親の性質を受け継いだ野菜を作ることができます。自家採取を毎年続けることで、その地域の気候や風土に野菜が適し、その土地特有の野菜になっていきます。中岡農園の野菜を育てるのは「豊かな宮島の自然」です。花粉を運ぶ蜂、土を柔らかくするミミズ、草々やそこに集まる虫、それから分解して肥やしにする目に見えない微生物たち、そして野菜自身が本来持っている力で野菜は育ちます。「成長しようとする野菜にほんの少し手を貸すだけですよ」と話すご夫婦。
tumblr_inline_moy9r6FNUp1s39qph中岡農園から届く野菜は宮島の自然がしっかり詰まった生命力に溢れた野菜です。ご夫婦が手作業で育てられた野菜を最大限に活かし、お客様に届けようと思います。

中岡農園のウェブサイトはこちらからご覧ください。
http://nakaoka-nouen.tumblr.com/